주일설교

  • 예배/설교 >
  • 주일설교
2016.10.23 약함과 강함
안재호 목사 2016-10-23 추천 0 댓글 0 조회 523
[성경본문] 고린도후서12:10 개역한글

10. 그러므로 내가 그리스도를 위하여 약한 것들과 능욕과 궁핍과 핍박과 곤란을 기뻐하노니 이는 내가 약할 그 때에 곧 강함이니라

제공: 대한성서공회

弱さと強さ

コリント後12:10

 2016.10.23東京ビジョン教会

 

使徒パウロは、使徒の中で最も偉大な使徒と言えることができます。

彼は、新約聖書27巻の中、24巻を記録するほど、神様の啓示を多く受けた使徒であり、

知恵と学問に優れた使徒です。

 

それにもかかわらず、彼は大きな悩みを一つ持っていました。

それをパウロは肉体のとげ、サタンのとげと言っています。

肉体のとげサタンのとげが何なのか、聖書は教えていなくて詳しくはわかりませんが、学者たちは眼病や、てんかんなどと解釈をしています。

 

神様から大きな啓示と恵みを受けたパウロがどのように、いやな病気に苦しめたのか、

そして、他の人の病気は治しながら、自分の病気はどうして治すことができなかったのか?気になります。

私たちは本文の、病気を治す事ができなくても、病気のために、さらに偉大な人生を生きたパウロを通して悟る知恵を得ることが出来ますように、主の御名によって祈ります。

 

今日を生きている私たちは多くの問題や困難を経験しながら生きています。

疾病、事業上の難関、職場の問題、家庭問題、子供の問題、霊的な問題、

少しずつ程度の差はあるかわからないが、それぞれの体と心の重荷を背負ってかろうじて世の中を生きていっています。

 

他の人には言えない悩みを胸に抱いて生きる人々が思ったより多いです。

この問題だけ解決されると、飛んでいけるような、重荷が多いです。

他のものはみな良い、この問題のためにすべてをあきらめてしまいたい悩みの種があります。いくつかの問題のために、人生が大変苦しく、疲れて、生きたいと思わなくなってしまうこともあります。

パウロは、自分の問題を解決してもらうため、3回も神様に熱心に祈りをしたと言いました。ユダヤ人が熱心に祈りをしたということは、一回程度の祈りを言うことではありません。

一つの問題で少なくとも40日以上を熱心に祈ったことを意味します。

 

病気であるよりも、健康でなければ、神様の仕事も精を出すことができません。

彼は神様に自分についたサタンのとげを引き出してくださるように切に祈り、また祈りました。

 

パウロが祈った内容を一度考えてみてください。

体が健康であれば、神の仕事をよりよくすることができます。

それよりもまず痛くて、苦しくて耐えることができません。

他の人の病気は治しながら、自分の病気は、治せないから、聖徒たちに恵みになりません。

だから、神様、私の病気を直してください!神様なおしてください!!

そのように、身もだえしながら熱心に祈りをしたが、最後の神様の答えは、

9節に

「しかし、主は、“わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである”と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」と答えました。

 

常識的に納得がよくでない返事です。

病気を直していただくことが恵みで、どうして病を負って生きることが恵みでしょうか?

問題を解決していただくことが恵みで、どうして、問題を抱えて生きることが恵みになりますか?

 

しかし、パウロに神様がこの御言葉をかけた時は、常識的な答えをしたことではありません。常識を超えた神様の言葉に対しての悟りも与えてくださいました。

パウロは、この応答を受けた時、少しも神様を恨んだり、失望したりしませんでした。

パウロは、神の応答についてこう告白します。

「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」(10節)

 

この告白は、神様!この弱い肉体の中に、このように痛みを伴う病気を持って生きて行きますが‘私が弱くて床につく、倒れるとき、私は神の強い働きを悟ります。」

ここにパウロの偉大な信仰があります。

この偉大なパウロの信仰告白を通って、私たちも多くのことを悟る恵みがあることを願っています。

人は生きて弱くなって、また、あまりにも弱くなる時がよくあります。

多分、強い瞬間よりも、むしろより弱い瞬間が多くあります。

健康な人でも、ある朝に病気で倒れてしまうことがあり、

すべての事にあんなに積極的であり、自信満々だった人があまりにも弱くなり、小さなことにも耐えられない場合もあります。

そんな人ではないのに、挫折と失望で失意に陥ってしまった人もいます。

精神も、肉体も全て弱くなり、無能になってしまった人もいます。

 

重要なことは、このように弱くなったとき、

どのように対処するかということが、成功と失敗の分かれ目になるのです。

 

人生を成功した人は、問題がなくて成功したことではありません。

問題を解決したとか、その問題をよく耐えたので、成功した人であることを知るべきです。

 

神様は私達に多くの問題を提起させて頂きます。

これは、先生が学生に試験問題を出してあげて、解くようにすることと同じです。

ところが、先生は必ず学生が解答できる問題を出題し、正解を用意します。

同様に、神様が私たちをテストする際には問題の正解を用意し、出題をします。

すなわち、問題には必ず解決できる道があるという事です。

そして試験の際、信仰の成長成熟と賞を準備し、おられることを忘れないでください。

使徒パウロもそのような厳しい環境の中でこのように告白をします。 (7節)

「また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、

高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。」

 

パウロは、他の人よりも多くの恵みと賜物を体験します。そして、より多くの仕事をします。神様は彼に多くの知恵と知識をあたえ、キリストの神学をまとめて置くようにし、

主のための偉大な伝道者として立たせて、多くの教会を立てるようにしました。

 

このようなものがパウロ自身を高慢になるようにできる条件にもなりえます。

そのような高慢を事前に防止するためにパウロに肉体の病気を与えられたということです。

だから「あなたは肉体のとげを抱いて生きていくが、あなたを完全に住まわせするための

わたしが与える最高の恵みです。私が与えた恵みはあなたに十分である 」と言われたのです。

 

どんなに多くのことをしても、高慢になると、神様は栄光を受けません。

多くの仕事をするとか少しすることが重要なのではありません。

主の栄光のために、謙遜な姿で、変わりなくすることが重要です。

私達に難しい問題が生じるのは、

私たちが高慢で、私達を謙遜な者に導こうとなさる、神様の意志があることを知らなければなりません。

 

主はマタイ53節で「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから」と言われます。心霊が貧しい人々、自分を下げることを知っている人、他人を高めることを知っている人、神様のみを高めることを知っている人に天国が臨むことです。

 

信仰とは、神様と私の関係です。

しかし、一部の人々は、神様と私の間に、他の人や出来事を介入させ、

自分を高め、自分を誇りしようとしています。それは神様の前にふさわしいことではありません。

サタンは、神様が与えられたことに感謝せずに、自分が高くなって、堕落してサタンとなってしまいました。神様は高ぶる者をはねつけて、謙遜な者に恵みを与えてくださいます。

 

低地に水が溜まるように、自ら自分を低くする者に神様の恵みが溢れます。

だからパウロに低くなることができる道、すなわち継続して、神の恵みの中で仕事をよくし、祝福を維持し、よりできる方法で彼に病気を与えて高慢にならないように安全装置としておいたことです。それをパウロは悟ったことです。

 

あなたや私にある問題は、神が私たちを愛して、ずっと恵みをいただくための安全装置であることを知っておいてください。

 

人はすべての事に謙虚でいる必要があります。

高慢は「破滅の先鋒」であり、「すべての罪の根」よ「罪の母」と呼ばれます。

人が滅びを受ける罪は不信仰であり、呪いを受ける罪は高慢です。

 

誰でも高ぶる高慢がない人はなく、誰もが高慢に倒れない人はありません。だから、神様はすべての人に、特に多くの恵みと祝福を受けた人には難しい宿題をくださるのです。私達に数多くの苦難が来るたびに、自分をより低くし、控えめな人になる必要があります。

 

☆私たちが弱いとき、その時が、すぐに、確かに強くなる時です。

この逆説的な真理は、神様の恵みの中で生きる人に必ず現れることです。

この言葉は、私たちが弱まると、人生に対しての考えが深まっていく意味です。

人生って何だろう?生きることは何なのか?兄弟は誰で、近所の人は誰なのかを深く考えるようになります。

 

ダビデは、数多くの苦難や困難のなかで、このような言葉をします。

「人の日は、草のよう。野の花のように咲く。

風がそこを過ぎると、それはもはやない。

その場所すら、それを、知らない。(詩10315-16)」

 

자유게시판 목록
구분 제목 작성자 등록일 추천 조회
이전글 2016.10.30 건강한 교회 운영자 2016.11.06 0 510
다음글 2016.10.9 웃으면서 여유롭게 도전해라 운영자 2016.11.06 0 552

1070052 東京都港区赤坂 2-14-31 TEL : 03-6441-0964 지도보기

Copyright © 東京VISION教会. All Rights reserved. MADE BY ONMAM.COM

  • Today8
  • Total12,261
  • rss
  • facebook
  • facebook
  • 모바일웹지원