주일설교

  • 예배/설교 >
  • 주일설교
2016.10.9 웃으면서 여유롭게 도전해라
운영자 2016-11-06 추천 0 댓글 0 조회 620
[성경본문] 열왕기상18:25-29 개역한글

25. 엘리야가 바알의 선지자들에게 이르되 너희는 많으니 먼저 한 송아지를 택하여 잡고 너희 신의 이름을 부르라 그러나 불을 놓지 말라

26. 저희가 그 받은 송아지를 취하여 잡고 아침부터 낮까지 바알의 이름을 불러 가로되 바알이여 우리에게 응답하소서 하나 아무 소리도 없고 아무 응답하는 자도 없으므로 저희가 그 쌓은 단 주위에서 뛰놀더라

27. 오정에 이르러는 엘리야가 저희를 조롱하여 가로되 큰 소리로 부르라 저는 신인즉 묵상하고 있는지 혹 잠간 나갔는지 혹 길을 행하는지 혹 잠이 들어서 깨워야 할 것인지... 하매

28. 이에 저희가 큰 소리로 부르고 그 규례를 따라 피가 흐르기까지 칼??창으로 그 몸을 상하게 하더라

29. 이같이 하여 오정이 지났으나 저희가 오히려 진언을 하여 저녁 소제 드릴 때까지 이를지라도 아무 소리도 없고 아무 응답하는 자도 없고 아무 돌아보는 자도 없더라

제공: 대한성서공회

「笑いながら余裕をもって、挑戦しなさい。」

 

列王記 第一 18:25-29

2016.10.9 東京ビジョン教会

 

ホテルや官公署には、マスタキを持っている人がいます。

マスタキを使用すると、すべてのドアが開きます 今日の物語がそのような物語です。

エリヤの時代に、イスラエルは問題だらけでした。

 

政治問題がありました。

強大国シドン王エッバアルが虎視眈々イスラエルを侵略しようと機会をうかがっていました。

それに付いたイスラエルの王アハブっても勝つことができないと考えながらこのような考えをしました。

<私がシドン王の娘と結婚すれば、侵略して来ないだろう。> 急いで結婚の申しみをしました。

そして、エッバアルの娘、イゼベルとアハブは結婚しました。

 

ところで、シドン王エッバアルはこのような考えをしていました。

<娘がアハブと結婚すれば、戦争する必要もなく、イスラエルは私のものである。

アハブがイスラエルを支配するが、娘がアハブを支配すると、すべてが私のものである。>

 

って互いに利用しようと政略結婚をしました。イスラエル戦争もなく、シドンの属国となってしまいました。政治的に困難な問題が起こったことです。

 

それに、宗的に問題がありました。

イゼベルは、結婚しながら要求したことがありました。

<私は神様を信じないので、バアルを信じるから、私のためにバアルの神殿を構築する必要があります。>あちらこちらで、バアル神殿の構築を開始しました。

と政治が密着してバアル宗は急速にがり始めました。

イスラエルの人は、神様がの神であるか?バアルが神であるかで、混沌の中に落ち入りました。

 

経済的な問題もありました。

神様が怒り、天のを閉ざされ、雨が降りませんでした。

3 6ヶ月間の干ばつがいていました。農業も、牧畜もめちゃめちゃにされました。

 

政治経済 問題がごしゃごしゃになり、家的なの難題になりました。

エリヤ預言者はこの課題を解くことができる解決策は何だろう? 祈り、こんな結論を下しました。

<すべての問題は霊的に解決する。 すべての問題を解決するためのマスタキ

イスラエル民族はこのバアルを捨て、神様の前にる必要がある。

エリヤは決を持って挑します。そしてイスラエルをよみがえらせます。

 

イスラエルをよみがえらせたエリヤを通じ、 私達誰もが挑れ、 私たちの前に置かれた課題をいかにして解決して行かなければならないのか、教訓を受ける貴重な

時間になるように願います。

 

最初に-変化を試みる必要があります。

民族を活づけるためにエリヤは変化を試しようとしました。

 <このままではならない。>

エジプトでは、イスラエルの民が痛みを受ける時に、モセが変化しようとしながら叫びました。<このようではならない。> ミディアン強大国がイスラエルを苦しめるときギデオンが変化しようとしながら叫びまし<このようではならない。> ペリシテがイスラエルを苦しめると、ダビデが叫びまし。 <このようではならない。>

変化しようとする人だけが、 変化させることができます。

 

10年前に、 日本政府は一人に <意志の企業人賞>を与えました。

表彰を受けた人は正垣泰彦しょうがき やすひこサイゼリア創立者)さんです。

東京大物理科を卒業しましたが、

特異な家です。父まで 37代が者で。 37代の者の家を業家の家にえたことです。 彼はレストランを開業しました。しかし、考えていたほど簡ではありませんでした。そんなある日、った人がストブを倒して、店が丸ごと焼けてしまいました。完全に台無しにされてしまいました。

 

絶望せずに、正垣泰彦さんは、スパゲッティ門店をオプンしました。

イタリアに直接行ってスパケンティの技術をびました。

5年の間、渾身の力を注ぎましだ。ですが、予想よりも入は悪がったです。

彼は苦の末に重要な決を下しました。<今日からすべてのメニューの値を半分にしよう。> 書いて張りました。するとすぐにビジネスに火がつきました。 めちゃくちゃに売れましだ。 チェン店 193店になりました。月の上高 21億円でした。一日に 7千万円もの上を上げていました。 ビジネス成功の秘訣を尋ねると笑いながらゆっくりと言いました.

<挑化です 変化をしようとする人だけが変化させることができます。

 

2 番目、挑する必要があります。

エリヤがバアルの預言者たちとの決を申しみしまし

バアル預言者たちにガルメル山へ人たちを集め決を望んで挑をしました。雄牛を祭壇にささげ、祈ることによって火が落ちるどころの神がの神様に認定しましょう。参加したすべての民の前で約束しました。 かに振り返ってみると驚異的な挑であることです。

火が落ちない場合、止めればいいという、段純な決ではありません。

すべてのの宗的信念が定めら, 命を出さなければならないし、さらに、間違えると神様をりの神にしてしまうこともなります。神様の怒りに対処する必要がある巨大な挑す。

 

エリヤの挑の目標は確かでしだ。 イゼベルを介したシドンの属国からの出へ挑しました。 バアル神がの神なのを証明して、イスラエルの民を神様にすための挑でし。 3 6ヶ月の干ばつを終わりにし、 イスラエルの民が神様のを受け取ることができるようと挑しました。

 

エリヤは今、民族の変化、 化、 経済化に挑しています。

変化, する人だけがすることができ、挑する人を通じ変化が行われます。

 

スペスシャトルのチャレンジャー号は私たちには悲しい思い出です。 発射直後に 45秒後、空中爆しました。多くのがその場面 TVで見ました。

その宇宙船には飛行士 7が乗っていましたが、骨の部分はもちろん、粉も見つかりませんでした。

全世界が驚き、特に米国民は悲しみと絶望に陥りました。

 

ところで、そのような悲劇の中でも驚くべきことが起こりました。 死んだ宇宙飛行士の中に師が1人いました。 その師を失った生徒たちが金を集めて宇宙センタに持ってきました。そして、このように言います。

<再挑してください。> 思わぬ、小さな子供たちが勇を与えてくれました。 

それで、米は再度挑, 信じられないほどの史を作っています。

 

と変化! もこれからです。

さらに私たちには、全能の神様がともに居られるではありませんか? !

 

面白い話を一つします。

ある王が勇敢な兵士を選ぶためにプルにワ 5匹を入れました。

そしてプルの端から端まで泳いで渡る人を護衛の責任者として任命し、一生を保証すると約束しました。 すると多くの若者たちが殺到しました。

ですが、ワニが口を開けているのを見て恐怖に怯え、誰も入れないで居ます。 

ところが、一人がどぶんと入りました。

彼は食いつくワニを避けながら、渾身の力で泳いで渡って行きました。

王は彼にいいました。 

本当に素晴らしい、 どのようしたら、そんなに勇敢であることができる?>

といわれた彼は、後ろを振り向いてをあげました。

<おい、誰が私を押した?> この物語は無理にでも挑したらできたという話です。

 

今年度もすでに10月です。ところが 3ヶ月もっています。

あなた達の計した目標、 教会の問題、 神様への使命に、 しぶしぶと押されなからも挑けなければなりません。

 

三番目は笑う必要があります。

エリヤも笑いながら挑しました。

イスラエルの人をガルメル山へ集めました。

バアルの預言者 450人も呼びました。

雄牛を祭壇に置き、祈り、火が落ちる神をの神様に認定することにしました。

さきにバアルの預言者 450人が一頭の雄牛を選び、それを切り裂き祭壇に乗せ、祈りを始めました。

12時になっても、なんの答もありません。 バアルの預言者達は人の前で緊張しながら渾身の力を出し祈り、叫びました。

その時、エリヤが挑しながら、笑って余裕をもちながら話します。

<真昼になると、エリヤは彼らをあざけって言った。「もっと大きな声で呼んでみてよ。彼は神なのだから、旅に出ているのだろう。もしかすると、寝ているのかもしれないから、起こしたらよかろう。」>(第 27)

 

バアルの預言者はとやりで自分の体を傷つけて血を流します。

29節をみると <狂ったように大ぎ> ました。 夕方までしました。最終的には念しました。

 

その時、エリヤが出て、かに祈りしました。

<アブラハム、イサク、イスラエルの神、主よ。

あなたがイスラエルにおいて神であり、私があなたのしもべであり、あなたのみことばによって私がこれからのすべての事を行ったということがきょう、あきらかになりますように。

私に答えてください。主よ。私に答えてください。この民が、あなたこそ、主よ、神であり、あなたが彼らの心を(ひるがえ)してくださることを知るようにしてください。>

(36-37)

 

空からの火が落ちてきます。 子牛が火に燃えてしまいました。すると民が叫びました。

<主こそ神です。主こそ神です>(39)

 

エリヤは 450人のバルの預言者を捕まえて殺しました。

そして 36ヶ月間、降らなかった雨が激しく降りはじめました。 エリヤの挑が成功しました。すべてのが神様の前にってきました。

干ばつが終わり、不況が終わり、最終的に経済復興が起こりました。

すべてを一度に解決できるマスタキは唯一、神様です。

 

する者だけが挑するところへ行くことができます。

するエリヤのように、笑いながら挑する必要がありま. 笑いながら挑すると、余裕が生まれます。

 

も微笑みながら挑行しましょう。

笑うことができる余裕は、神様を確実にりにしていることから出てきます。

エリヤは、神が生きておられることを確信しているので笑うことができ、余裕を持つことができました。

 

最後の四番目-信じなさい。

変化を願って、挑し、笑うことができる余裕は信仰から出ています。

神様が後ろで、背景になってくださることを信じる人が笑顔で挑することができます。

 

ダビデは神様を信じることで、巨大なゴリアテの前に立て挑戦することができました。

時たま、人々が言う言葉があります。

<おまえはいったい何を信じ、そんなことができるのか?>

 私達は神様を信じ、なんでもできます。

 

使徒パウロは私たちに諭し励(さとしはげ)まします。

<私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。艱難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。

「あなたのために、私達は一日中、死に定められている。

私達は、ほふられる羊とみなされた。」

と書いてあるとおりです。

しかし、私たちは、私達を愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。>( 836-37)

使徒パウロは神様が愛してくださり、掴まってくださるので、どのような環境でも笑顔で挑することができました。

 

最後の話です。

ある農夫が畑を買いました。ところで畑の中央に大きな石があることです。

畑を耕すたびに石を避けながら耕さなければならないので、大変不便でした。

もちろん、石があることによってそれらの土地を安く買うことはできましだが, 非常に不便でした。今まで百年間持ち主が変わりながらも、その石を何とかしようという思いさえした人がいませんでした。

ある日、農夫は石を取り除くという強い思いを持つようになりました。 岩の下を掘り始めました。 ところが驚きました。いざ掘ってみたら、その石は表面に露出されている平らな石でした。農夫はあまり苦労しないで、石を掘り捨てることが出ました。他の人たちは石を掘り出さなければという、意識がなかったのに、この農夫は無謀なように見えますが挑をしたことです。

 

では! 私たち、私たちの前に置かれた人生と、 使命に挑けましょ

そして、エリヤのように笑いながら余裕をもって挑してください。

する皆さんには、全能の神様の答がありますように 主の御名でお祈りいたします。

 

자유게시판 목록
구분 제목 작성자 등록일 추천 조회
이전글 2016.10.16 전도자의 축복 운영자 2016.11.06 0 612
다음글 2016.10.02 어디로 가야 할까? 운영자 2016.10.08 0 505

1070052 東京都港区赤坂 2-14-31 TEL : 03-6441-0964 지도보기

Copyright © 東京VISION教会. All Rights reserved. MADE BY ONMAM.COM

  • Today19
  • Total14,236
  • rss
  • facebook
  • facebook
  • 모바일웹지원